2012年04月30日


『Yahoo!大阪24H番組』ボタン

2012/4/30 : 24〜3 の間がうまく行ってなかったのを修正しました


最近、WEB から番組をチェックするようになったので、専用のボタンを作成しました。
地域は、大阪が 40 ですが、他は以下のようになります
<input
	type="button"
	value="Yahoo!大阪24H番組"
	onclick="
(function(){
	var url = 'http://tv.yahoo.co.jp/listings/?&type=normal&a=40&t=TV&s=1&vb=1&vc=0&vd=0&ve=1&va=24';
	var d = new Date();
	var yyyy = d.getFullYear();
	var mm = (d.getMonth()+1);
	var len1 = ('00'+mm).length;
	mm = ('00'+mm).substr(len1-2,2);
	var dd = d.getDate();
	var len2 = ('00'+dd).length;
	dd = ('00'+dd).substr(len2-2,2);
	var hh = d.getHours() - 2;
	if ( hh <= 1 ) {
		hh = hh + 24;
		dd = d.getDate()-1;
		len2 = ('00'+dd).length;
		dd = ('00'+dd).substr(len2-2,2);
	}
	url += '&d=' + yyyy+mm+dd;
	url += '&st=' + hh;
	window.open(url);
})();
	"
/>
この下はさらに、ボタン画像を使ったものです。


<style type="text/css">
.bt {
	border: 0px;
	width: 180px;
	height: 30px;
	text-align: left;
	padding-left: 32px;
	font-size:13px; 
	font-weight: bold;
	cursor: pointer;
	background-color: #fff;
	margin: 4px 4px 4px 4px;
}
</style>
<input
	class="bt"
	type="button"
	value="Yahoo!東京24H番組"
 	style='background-image: url(https://lh6.googleusercontent.com/-dZnazzvnzCw/T5FN4nTSUrI/AAAAAAAAFnQ/JMTzwUr7CDk/s180/btn049_06.png);'
	onclick="
(function(){
	var url = 'http://tv.yahoo.co.jp/listings/?&type=normal&a=23&t=TV&s=1&vb=1&vc=0&vd=0&ve=1&va=24';
	var d = new Date();
	var yyyy = d.getFullYear();
	var mm = (d.getMonth()+1);
	var len1 = ('00'+mm).length;
	mm = ('00'+mm).substr(len1-2,2);
	var dd = d.getDate();
	var len2 = ('00'+dd).length;
	dd = ('00'+dd).substr(len2-2,2);
	var hh = d.getHours() - 2;
	if ( hh <= 1 ) {
		hh = hh + 24;
		dd = d.getDate()-1;
		len2 = ('00'+dd).length;
		dd = ('00'+dd).substr(len2-2,2);
	}
	url += '&d=' + yyyy+mm+dd;
	url += '&st=' + hh;
	window.open(url);
})();
	"
/>

▼ボタン画像
WEBデザイナーが作った超シンプル素材集
posted by at 2012-04-30 14:29 | Comment(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します