2012年06月19日


既存の Google Chrome 拡張のカスタマイズ( ブラウザのクイックリンク )



この拡張は便利ですし、中身は難しい事を一切やっていないので、ちょっと知識があれば自分でカスタマイズできます。画像の下3つは追加したもので、上の部分も順序を入れ替えています。必要無いエントリは、コードの一番下の div 一列を削除するだけです。

1) Google Chrome の拡張フォルダへ移動
( このスクリプトで開くフォルダの中にある Extentions フォルダが拡張フォルダです )
2) plpjogfhobhpdcmcblieglnoooccfcmm フォルダに入る
3) 1.5_0\popup.html をエディタで開く
4) 以下のコードですべて置き換える
<style> 
body {
  overflow: hidden;
  margin: 0px;
  padding: 0px;
  background: white;
}
 
div:first-child {
  xmargin-top: 0px;
}
 
div {
  cursor: pointer;
  text-align: left;
  padding: 0px;
  
  width: 212px;
  height:38px;
  margin-top: 0px;
  background: #ffffff;
  background-image:url(Blank.png);
  background-position:center center;
  background-repeat:no-repeat;
}
div:hover {
  background-image:url(Hover.png);
}
table 
{
    border-collapse:collapse;
    padding:0;
    margin-left:2px;
    vertical-align:middle;
    font-family: verdana, Arial, Helvetica;
    font-size: 12px;
    font-weight:500;

}
</style> 


<body onload="Localise();">

    <script>
        function getLocal(sID, sDefault) {
            var sRes = chrome.i18n.getMessage(sID);
            if (sRes == "") sRes = sDefault;
            return(sRes);
        }

        function Localise() {
            document.getElementById("tB").innerHTML = getLocal("lbookmarks", "Bookmarks");
            document.getElementById("tH").innerHTML = getLocal("lhistory", "History");
            document.getElementById("tD").innerHTML = getLocal("ldownloads", "Downloads");
            document.getElementById("tE").innerHTML = getLocal("lextensions", "Extensions");
            document.getElementById("tP").innerHTML = getLocal("lplugins", "Plugins");
            document.getElementById("tM").innerHTML = getLocal("lmemory", "Memory");
            document.getElementById("tS").innerHTML = getLocal("lsettings", "Settings");
        }

    
        function xclick(ClickedItem) {
            var Clicked = ClickedItem.id.toString();
            var strURL = "";
            if (Clicked.charAt(0) == "c") {
                strURL = "chrome://";
                strURL += Clicked.substr(1);
                strURL += "/";
            }
            if (Clicked.charAt(0) == "a") {
                strURL = "about:";
                strURL += Clicked.substr(1);
                strURL += "/";
            }
            if (Clicked.charAt(0) == "w") {
                strURL = "http://goo.gl/";
                strURL += Clicked.substr(1);
            }
            chrome.tabs.create({ url: strURL, selected: true });
            window.close();
        }
    </script> 

    <div onclick="xclick(this);" id="csettings"><table><tr><td><img src="iSettings.png" /></td><td id=tS>Settings</td></tr></table></div>
    <div onclick="xclick(this);" id="cdownloads"><table><tr><td><img src="iDownloads.png" /></td><td id=tD>Downloads</td></tr></table></div>
    <div onclick="xclick(this);" id="cbookmarks"><table><tr><td><img src="iBookmarks.png" /></td><td id=tB>Bookmarks</td></tr></table></div>
    <div onclick="xclick(this);" id="chistory"><table><tr><td><img src="iHistory.png" /></td><td id=tH>History</td></tr></table></div>
    <div onclick="xclick(this);" id="cextensions"><table><tr><td><img src="iExtensions.png" /></td><td id=tE>Extensions</td></tr></table></div>
    <div onclick="xclick(this);" id="cplugins"><table><tr><td><img src="iPlugins.png" /></td><td id=tP>Plugins</td></tr></table></div>
    <div onclick="xclick(this);" id="amemory"><table><tr><td><img src="iMemory.png" /></td><td id=tM>Memory</td></tr></table></div> 

    <div onclick="xclick(this);" id="csettings/cookies"><table><tr><td><img src="iSettings.png" /></td><td>Cookies</td></tr></table></div>
    <div onclick="xclick(this);" id="w"><table><tr><td><img src="iBookmarks.png" /></td><td>URL短縮</td></tr></table></div> 
    <div onclick="xclick(this);" id="wg4lFF"><table><tr><td><img src="iBookmarks.png" /></td><td>Google+</td></tr></table></div> 

</body>

どういうわけか、SHIFT_JIS で直接日本語書き込んでいるのに正しく表示されました。
c と a は、chrome:// と about: が対象ですが、新たに http:// を追加しました。id の一文字目を w にして、http://goo.gl/ に続く文字列を w に続けて id にするようにしています。続ける内容は移動したい URLを Google URL 短縮で短縮して作成しています。


posted by at 2012-06-19 22:42 | Comment(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します