2009年06月15日


DIRECTORY_SEPARATOR等 : OSによって内容が変化する定数

一般的にWEBと言えば、unix か linux でしょうが、Windows サーバーも無いわけではありませんし、業務的に言えば社内サーバーは Microsoft である事は十分考えられますし、どちらでも稼動できるようにしておくのは、やはり必要な事ではあります。
( 商品じゃ無い急いでるやっつけ仕事の場合は面倒なのでしませんが )

最も使う可能性の高そうなのは、PATH_SEPARATOR を使って set_include_path を実行する事かもしれません。

以前、コードでこんなふうに書いた事もありました
$sep = substr( strtoupper( php_uname("s") ), 0, 7 ) == 'WINDOWS' ? ";" : ":";
set_include_path( ".$sep../pear/zip" );


unixwindows
DIRECTORY_SEPARATOR /\
PHP_SHLIB_SUFFIX sodll
PATH_SEPARATOR :;
(コロン)セミコロン

関連する PHP ドキュメント

php_uname
set_include_path



【PHPの最新記事】
posted by at 2009-06-15 00:08 | Comment(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Loading
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。