2018年02月18日


『カーソル下の画像用HTMLの取得』を行うIE拡張をダイアログを表示して行う

画面定義を表示させます。( レジストリには "Flags"=dword:00000001 が必要です )



ダイアログが表示された時、すでにテキストエリア内のコードはクリップボードにコピーされていますが、内容を変更して再度クリップボードにコピーする事ができます。
get_img_html_clip.htm
<html>
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=SHIFT_JIS">
<title>カーソル下の画像用HTMLの取得</title>
<script language="JavaScript">

	// *************************************************
	// ウインドウサイズ
	// *************************************************
	window.dialogWidth = "400px";
	window.dialogHeight = "300px";

	// 対象となるオブジェクト( ここでは画像 )
	var obj = external.menuArguments.event.srcElement;

</script>
</head>
<body style='padding:20px;'>
<textarea id="text" style='width:300px;height:200px;'></textarea>
<br>
<input
	type="button"
	value="クリップボードにコピー"
	onclick='window.clipboardData.setData("Text", document.getElementById("text").value );window.close();'>
</body>
</html>
<script language="JavaScript">

	// カーソル下の HTML
	str = obj.outerHTML;

	// クリップボードにセット
	window.clipboardData.setData("Text",str );

	// テキストエリアにセット
	document.getElementById("text").value = str;

</script>


▼ レジストリ登録用 install.reg
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt\=> カーソル下の画像用HTMLの取得とクリップボード]
@="C:\\Users\\lightbox\\AppData\\Roaming\\laylaClass\\menuex\\get_img_html_clip.htm"
"Contexts"=dword:00000002
"Flags"=dword:00000001



▼ レジストリよりアンインストール用 unistall.reg
Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt\=> カーソル下の画像用HTMLの取得とクリップボード]



関連する記事

IE拡張を作成する為の基本仕様
ブラウザ拡張の中で一番簡単な IE 拡張 : カーソル下の画像用HTMLの取得


タグ:IE 拡張
【IE拡張の最新記事】
posted by at 2018-02-18 01:07 | Comment(0) | IE拡張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Loading
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。